読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノブログ 〜とある大学院生のストレスモラトリアムな日々〜

作家志望な大学院生が、日々のあらゆることを書き残していくスタイルでお送りします。

『ラ・ラ・ランド』を観に行った話。

ブログ

こんばんは。

 

だいぶ間が空いてしまいました。

 

体調を崩すと、書きたいテーマだけが頭に浮かんで、
あとは全く言語化できぬまま、、

 

 

4月までにやりたいことも目白押しで、
そんな中花粉症と鼻風邪のダブルパンチ…

 

そんな3月も中旬に突入しようとしている頃。
またまた映画観賞してきました。
『ラ・ラ・ランド』

f:id:noblog0312:20170317224434j:image


体調が悪い中、最後まで体力もつかなと心配していましたが、
そんな心配も甲斐無く、あっという間の2時間だったように思います。

 

この映画、アカデミー賞の最多数14ノミネートと多数の受賞で一躍話題となりました。
実際に受賞したのは

 

主演女優賞
主題歌賞
作曲賞
美術賞
撮影賞

 

の5部門。

 

もっとも名誉と言われている

作品賞は惜しくも逃しましたが、

間違いなく今の洋画界を座巻しているといえます。

 

 

そんなこの作品を、ネタバレなしでどのように書こうか、本当に迷いました。
なぜかは置いておいて、どうしてもネタバレなしで書きたかったんです。
公開されているあらすじだけで語れるような、そんな作品だと思ったからです。

 

 

ここからは映画自体の感想になります(やっとかよ)。
前置き長すぎてすみません(笑)

 

 

この映画のタイトル『ラ・ラ・ランド』
意味は、

ロサンゼルスと「現実から有利した精神状態」

の2つあるそうです。

 

ここで、公式サイトのあらすじを引用しておきます。

 


_______________________
夢追い人の街L.A.(ロサンゼルス)、
売れないジャズピアニスト:セブと
女優志望:ミアの恋の行方は−?
再び映画史を変える、
予想だにしない大仕掛けが、
観るもの全てを
〈ラ・ラ・ランド〉へと誘う。
_______________________

 


このあらすじを読むと、恋愛がメインの物語になっているのかと想像しがちです。
観る人によって感想は違うので、
観てからもそう捉えた人が多いと思います。


私は、観た後、

良い意味で想像を超える体験をすることができました。


恋愛のストーリーの中に散りばめられた夢の数々。
夢に破れたり、叶ったり、もがいてみたり。


そんな人間臭い感情や行動が見事に描かれていました。

 

そう、この映画は恋愛ではなく、夢が主軸となっていたんです(個人的見解ですが)。

 

 

挿入歌に「City Of Stars」という曲があります。
セブが1人で歌うシーン、ミアと共にデュエットをするシーンと2度使われています。


これがまた、全くの別曲に聴こえてくるんです。

 

1人じゃただの叶わぬ夢だったのが、

2人で語らうとなぜだか希望となるような感じがする。
星が遠かったはずなのに、近く感じる。
そんな感情が響く曲だったように思います。

 

この挿入歌の通り、

2人は道は違えど、
叶わないかもしれない夢を見て一生懸命に毎日を生きていきます。
この夢へのひたむきさが2人を恋に落とすきっかけであったのも間違いないです。

 

あとは、セブが弾くある曲が映画を通して、

まるで映画自体のテーマ曲かのように様々な場面で流れていきます。

 

f:id:noblog0312:20170317224539j:image


最初は暴虐ともとれるその曲は、
荒削りながらも、セブのひたむきな気持ちを表現しており、
おなじメロディであっても、全く異なる気持ちにさせられました。

 

 

この映画を観てから、
本気で夢を叶えようとする人は、
かっこ悪くてかっこいいんだなと認識させられました。

 

正直に言うと、
オーケストラのクオリティ
主演の2人の歌やパフォーマンス
一流ではありますが、他のミュージカル映画と比べると劣ってしまいます。

 

しかし、それでもよかったと自分は思います。
むしろ、それがよかった。

この映画に対してひたむきになっていることが十二分に伝わるからです。

 

f:id:noblog0312:20170317224456j:image

 

この映画自体にも、夢が込められています。
ストーリーの中で、そんな夢を感じていただけたら、
もっと映画に入り込めるのではないでしょうか。

 

実際、自分もサウンドトラックを聴いてばかりいます。

ミーハーな自分の性格もありますが(笑)、

聴くとなぜか妙な懐かしさを感じるんです。


まるで、自分が映画の中で夢を追いかけていたかのような、
そんないつかわからない

‘あの頃’を思い浮かぶような気分になるのです。

 

自分もいろんな夢に向かって前に進める、
諦めずに泥臭く人間臭く頑張っていこうと思える
そんな映画でした。


ちなみに、ラストは衝撃とまではいきませんでしたが(笑)、
自分は納得できるラストだったと思います。

 

他に観た人の感想も沢山観たいなと思ってしまいました。
特に、恋愛中心で観賞された方の方が多い気がするので。

 

 

前回の『彼編む』に引き続き、
他人とはちょっとズレた感想となってしまいました。
ご了承いただければと思います(笑)

 

『彼編む』のブログはこちらからどうぞ。

 

nobulog.hatenablog.jp

 

 

 

最後に、このブログに立ち寄ってくださった皆さんに、感謝。
おわり。

 

眠たいけれど、眠れない話。

モラトリアム記

こんばんは。

今日も相変わらず家から出ない1日でした。

 

家から出ない引きこもりな1日を書いた以下の記事も

よかったらご覧ください。

 

nobulog.hatenablog.jp

 

 

今回は表題の通り、眠気について。

 

 

眠たい。

それもかなり眠たい。

そんな時ありませんか?


というより、自分がそう。
ずっと眠たい。ひたすら眠たい。

 

 

たまに起きるとスッキリする時がある。
その時の爽快さといったら、なんともいえないですね。

 

徹夜明けの朝は、逆に眠たくない。
眠たさを通り越して、覚醒状態になる。
いわゆるハイ。
カラオケにいる気分(笑)

 

 

なんでこうも眠たいのだろうか。
いろいろ考えるけれども、

睡眠不足かカフェインの過剰摂取くらいしか思いつきませんでした。

 

まるで病んでいる中学生のような呟きですね(笑)

 

 

最近、

寝相がわからなくなってきた。
眠たいから、早く寝たい時の姿勢におもむろになってみる。

横になって布団に抱きつくような格好のもの。
最高の姿勢。

 

の、はずだった…

 

 

 

眠れない!!!!

 

なんで!?

 

なぜか、心臓がばくばくする。
心臓が押しつぶされそうな気分になるんです。


これはあるあるではないとは思いますが(笑)

ここでいつも眠れないときにすることを、自分のメモ扱いに書いておきます。


・寝相を変える
・布団に抱きつく
・足を曲げてみる
・ケータイをみる(本当は見たくない)
・髪をくしゃくしゃと掻いてみる
・お茶を飲んでみる
・諦めてゲーム(やっちゃだめ)

 

 

全然寝る気がないのもいくつか。笑


態勢を変えればどうにかなるような問題ではないんですけどね。

 


この後ですが、病院で処方されている精神安定剤を飲んだら落ち着いたので、
やっぱり精神的な不安が大きいみたいです。

 

今はこれでもいいけれど、
いつかは他のおまじない、見つけないとなあ。

 

 

今回は悶々としてみました。

書き方が未だに定着しない日々。

温かい目でお付き合いください。

 

 

最後に、このブログに来てくださった皆さんに、感謝。
おわり。

家に引きこもってしまうんだなあ〜の話。

ブログ

こんばんは。

 

タイトルの通り、

今日はお家大好きな自分が、引きこもりについて語っていきたいと思います。

 

家。

それは至極の場所。

魅惑の桃源郷

そして、なによりも暖かさを感じる自分の居場所。

 

最高です。

 

元々インドア派な僕は、

外で遊ぶよりも、家の中で何をして遊ぶかを中心に考えていたような気がします。

小さな頃からの唯一であり随一の場所、それが家でした。

 

さて、なぜこの話をするのか。

そうです。

今日僕は家から一歩も出ていません。

 

家でごろごろし、ゲームをし、読書をし、レポートをし、

料理をし、食べて、テレビを見て、

また読書をし、ネットサーフィンをして、

今、ブログを書くに至っています。

 

つらつらとやったことを挙げていきましたが、

実は、それらをやっていた時間はほんの少しの時間で、

その他の時間はずっと

ぼーっと

しているんですよね。

 

時間の流れから完全に遮断された世界。

 

だからこそ、ついつい居心地がよく感じてしまうんですね。

 

一歩外へ出ると、

多くの情報とともに、

めまぐるしく社会が渦巻いていて、

その中でもがかないと、生きていけません。

 

辛い、苦しいと感じるのは、

時間の流れとともに、自分のペースとは違うものが、

違う価値観が突き刺さってくるからだと思うんです。

 

 

確かに、結果成長していくわけなので、

社会の流れの中でもがくことは最終的には、

人間として変化していき、自分にとっても重要なこととなります。

 

でも、常に変化し続けることはとても疲れます。

周りが見えなくなる前に、自分が見えなくなります。

 

そういった時に、家でぼーっとすることは

大切なのではないかと思っています。

 

ずっと動き続けた時、

いざ止まらなければならないという場合に止まり方が分からなくなるし。

 

息抜きというのは、そういうことなんだと思います。

 

 

と、なんともまあ言いがかりをつけては家にいる自分なんですが(笑)

自堕落な理由を挙げればいくらでもありますよ。

 

・お金がかからない(外出しないので)

・好きなことができる(誰にも文句は言われません)

・だらだらできる(誰かに気を遣うことはありません)

・布団がある(布団中毒)

・読書が捗る(コーヒーとの最強コンボ)

・掃除がすぐできる(してません)

・寝癖がそのままにできる(めんどうくさい)

etc

 

 

アウトドア派の人からすると

ありえねー

と思われる話かもしれませんが、

実は、家にいることで

自分を見つめることも、

一旦放置することもできるんですよ

ということを伝えたかったんです。

 

※ただし、家にこもり続けるとニートになり、やがて仙人と化すため、留意しましょう。

 

真面目なようで、真面目でないブログでした。

 

布団中毒というワードが登場したので、

よければこちらの記事もご覧ください。

 

 

nobulog.hatenablog.jp

 

 

 

 

最後に、このブログに立ち寄ってくださった皆さんに、感謝。

おわり。

 

 

 

(彼編むレポ続編)イメージソング「True Colors」から考える話。

ブログ

 こんばんは。

少しだけブログお休みしておりました。

 

最初に、総合PV30人!

なんのアピールもなく、自分のものかきのために淡々と始め、

自分のかきたいことを中心に始めたこのブログですが、

なんと30人もの目(もしくは30回)に止まったかと思うと、とても嬉しいです。

 

特に、前回の『彼らが本気で編むときは、』のことを書いた記事、

いろんな方に見ていただいているみたいで…

本当にありがたいです。

ありがとうございます。

これからも、

小さなことからコツコツと。

少しずつ頑張っていきたいと思います。

よろしくお願いいたします。

 

前回記事はこちらからご覧ください。

 

nobulog.hatenablog.jp

 

 

前置きはこのくらいにしておきまして、

今回は『彼らが本気で編むときは、』(以下『彼編む』)のイメージソング、

「True Colors」という曲についていくらか書いていきます。

 

 

この曲、『彼編む』のCMでは、ゴスペラーズさんが歌っています。

実は、この曲にひと聴きぼれしてしまいまして。

 

この曲を聴きたい!!!!

 

の意志の元、いろいろ調べました。

 

なんと、ゴスペラーズの曲ではないですと!!!?

シンディ・ローパーの曲なんですか???

 

と具合に驚きまして。

 

自分、気になることはとことん調べたくなるタチで(気にならないものは全く調べたりしないのですが)、

まずはシンディのを聴くことに。

 

CMでのゴスペラーズから入った自分はびっくり。

ゴスペラーズのカバーは、ほっこり温かい曲というイメージ。

シンディのは、あっけらかんとした中に、切なさがあるイメージ。

第一印象だけでも結構な違いでした。

 

違うものを聴いてみよう。

なんと、何通りものカバーがされているこの曲。

そんなに有名だったのか。早く知っておけばよかった。

 

アンジェラ・アキ、chay、miwa…

それぞれがそれぞれの個性が光っている中、

自分が1番気に入ったのは海外ドラマ「Glee」のキャストが歌っているものでした。

 

曲の中に、人種差別反対のメッセージが込められています。

(特にシンディは、黒人の差別にたいして 批判的な意見を曲に取り入れていたようです)

今回、『彼編む』のイメージソングとして起用されたのは、

この曲がLGBTに対する差別に対するメッセージとしてぴったりだったからでしょう。

 

Gleeのキャストが歌っていた「True Colors」には、

それに青春の儚さ、時間の尊さ、そして愛を大切にすることの素晴らしさ

が含まれているような気がしたのです。

まさに、青春を表現した曲のような雰囲気がして、なんとも切ない気持ちになりました。

 

 

今回、久しぶりにこんなに聴き比べをしましたが、

どれも不思議な儚さと切なさが取り入れられていて、

素敵な曲だなあと思うのでした。

 

少し映画の話からは離れてしまいましたが、今回は音楽がメインということで。

 

 

最後に、このブログに立ち寄ってくださった皆さんに、感謝。

おわり。

『彼らが本気で編むときは、』を観に行った話。

ブログ

こんばんは。

 

今日は、OFFだったため、掃除をしながら、

映画を観に行こう!と思い立ち、その場で時間を調べて、

1人でレイトショーにて観賞してきました。

 

『彼らが本気で編むときは、』

元々、テレビCMでやっていた時から気になっていた映画です。

 

f:id:noblog0312:20170227003547j:image

 

生田斗真さんが美しい…

と同時に、トランスジェンダーを題材にした映画ということで、

最近の映画としては異彩を放っていて、引き込まれていくと、

監督は『かもめ食堂』でお馴染みの荻上直子さん!

こりゃ観にいくっきゃない!

決断は早かったです。

 

ネタバレをしないよう最低限にとどめてお話しますが、

気になってしまう方は、映画を観てからこの先をお読みくださいね。

 

 

 

観たほやほやの感想として、

この映画の印象が観た後に180度変化していたということ位は、

ネタバレせずに言えることだろうと思うので書いておきます。笑

 

パッケージ通り、生田斗真さんは見事に「女性」を演じきっていました。

僕はトランスジェンダーではないので、その苦しみが理解できるわけではなんですが、

生田斗真さんはその内面の葛藤を見事すぎるまでに客席まで運んでくれました。

 

そして、なにより印象が変わったところは、映画そのもののテーマについて。

CMで大きく取り上げられていたのはトランスジェンダーでしたが、

実はこの映画で取り上げたかったのは家族のことでした。

 

親からの愛情、親としての葛藤、

子どもが受けたいと思っている愛情、親を慕う気持ち

それらは、血統や性別で生まれるものではないと、

様々な形があって、しかるべきものであると、この映画は訴えてきました。

 

僕自身、家族が何か、短い人生の中でずっと考え続けてきました。

気づけば、理想の形を追い求めすぎて、疲れている時もあったのかもしれない。

 

でも、親も子どもも親戚もみんな1人の人間。

誰しも、親として、子どもとしてずっとあり続けるよりも、

1人の人間として真っ正面から向き合えば、

きっとどこかで色が混ざって、愛情が生まれてくるのかもしれない。

そう思いました。

 

エンドロールに入った瞬間、脳裏に思い浮かぶのは

役者さんの顔ではなく、

父、母始め自分の家族の顔でした。

 

そして、その顔たちを

まとめてぎゅーっと抱きしめたくなる気持ちになりました。

不思議な気持ちでした。

 

帰り道、深夜になり閑散としたある商店街を1人で歩くと、

いつもは人だかりで見えない、床のタイルが目に留まりました。

f:id:noblog0312:20170227005237j:image

 

気づくといろんな色があるんだなあ

普段、意識してないと全くわからなかった。

 

映画を観た後だからか、なぜか感慨深い気分に。

 

家族もそれぞれ、意識しないだけでいろんな色なんだろうな〜。

道行く人たちも、意識していない、見えないだけで、

いろんなものを背負って生きているんだろうな〜。

 

意識しないと気づかないところで、見えないところで、

家族や人間の愛は育てられているのかもしれない。

 

そう考えると、形なんて元からない、

あえていうなればスライムのような形が家族なのかもしれませんね。

 

どんな色にもなれば、どんな形にもなりうる。

 

周りにいる、大切に想う人たちを、もっと大切に想いたい

そう思うことができる素敵な映画でした。

 

この文章を読んで観にいきたい!となるかは人それぞれだとは想いますが(笑)、

トランスジェンダーの有無にかかわらず、いろんな方に是非観に行ってほしいなと思いました。

 

映画を観た後に調べると、

この映画はベルリン国際映画祭で、

LGBTにまつわる部門のテディ賞を日本史上初めて受賞されたとのこと…

おめでとうございます!

 

観にいきたくなるのも納得

観に行った後も納得

の映画でした。

 

ネタバレせずに書いたつもりですが、もしそのような内容があれば、すみませんでした。

かもめ食堂』観直そうかな〜!

 

 

最後に、このブログに立ち寄ってくださった皆さんに、感謝。

おわり。

 

追記:この映画のイメージソングについても、熱く語ってみました。よければそちらもご覧ください。

偉そうに色んなカバーを聴き比べしたり、お気に入りのバージョンについて語ったりもしてます。

 

nobulog.hatenablog.jp

 

 

 

 

【お題記事】白猫プロジェクトの卒業ができない話(ゲーム語り)。

お題記事

今週のお題「卒業」

 

卒業できません。

 

え?
大学院が?

 

ちがうんです。

 

あるゲームから卒業できないんです。

 

なんだ、つまらんと思った方、

いつもより簡潔に書くつもりなので、温かい目でご覧くださいね(笑)

 

あるソーシャルゲームにはまっておりまして。

 

白猫プロジェクト」というゲームにはまっておりまして。

 

無課金ですが。

 

1年半はやっておりまして。

 

 

あー、なんでこんなものに無駄な時間を費やしてしまっているのだろうか。

いつもゲームをし終えると思います。

卒業してしまいたい。

アンインストールしよう。

そう度々思うのですが。

 

続けちゃうんですよねー。

 

なんでこんなにはまってしまったのか考えてみました。

 

⑴キャラが魅力的

とりあえず絵が素晴らしい。

自分のおきにいりのキャラなんかは、キラキラ感があって素晴らしい。

声優さんはあまり詳しくないのですが、かなり有名どころを起用しているらしい。

運営もキャラにかなり力をいれています。

 

⑵操作性がバツグンに良い

これが1番の原因な気がします。

片手で操作できるし、なによりカンタンで覚えやすい。

他のゲームや、コントローラを使ったゲームだと、

このボタンを押してそのあとこの方向にバーを動かして…

と、初心者には辛い内容。

しかし、白猫プロジェクトはフリック1つでド派手な必殺技を連発できると(もちろん、他の条件もありますが)

たまらんですね。

 

⑶運営が頼りない(ユーザーが過度に期待してしまう)

ここの運営はかなり頼りない。

というのも、ユーザーの要望を叶えるべく、あらゆる施策を企画するのはいいものの、

ゲームの運営のキャパを超えてOKを出してしまうものが多く、

考えられないほどの不具合・延期の嵐(発表せず、サプライズで実装すればいいのにとか思ったり)。

また、この会社の方針でこのゲームへの人身削減が行われている模様で、

どんどん衰退していっている気がします。

 

その中で、ポンコツともいえる運営が尽力しているのを、ユーザーは見てられません。

それとともに、きっといつか報われる、いつか恩返しがくる

とユーザーが過度な期待を背負ってしまっていると考えられます。

 

カンタンにいうと、運営の背中を押してあげたくなり、ゲームをやめることができない。

 

ということですね。

 

以上の理由で、このゲームに明らかに無駄な時間を費やしてきました。

おそらくこれからもそうでしょう。

 

精神科に通っているとか、大学院が大変だとかいっているのに

何しているのでしょうね。ほんとに。

こんなはずじゃ、なかった〜

 

とか言いつつ、今日もアプリを起動させてしまうのでしょうね…

白猫ファンは当分卒業できなさそうです。

 

この話、共感してくださるかたいらっしゃるのかな…

そして、お題の「卒業」とはずれてきてしまいました。すみません。

こんな文章にお付き合いいただき、ありがとうございました。笑

 

最後に、このブログに立ち寄ってくださった皆さんに、感謝。

おわり。

 

 

チョコ好き男子が作る生チョコタルトの話。

ブログ

こんにちは。

早くも眠気に負けそう。笑

 

昨日の投稿を自分で見直して赤面。

自分、こんなに熱く語ってるやん。変なの。

と、思ったものの、

 

まあ、自分の考えとしては間違ってないし、いっか。

と思い直しました。

 

ここんところストレスコントロールができてきたような気がしてます。

それでも、相手が不快に思ったり、不安に思ったりすると、すぐ共感。

理由はないのに自分が勝手に劣等感を得て、不安が増大。

負のスパイラル。

 

まあ、だいぶ慣れました!

慣れたから、少しコントロールできてきたのかもしれない。

ただ、習慣化すると、歪んだ人格になってしまう。

なんか、こんな調子で社会に出ることができるのだろうか。

 

実際、でて戦っている独りに失礼なので、ここら辺で病み記事はやめておきます。笑

 

 

さて、今回は、そんなストレスを感じた時によく食べる自分の好物について。

「チョコレート」についてです。

 

本当にチョコ好きなんですよね〜。

ストレスが溜まった時、それ以外の時でも、チョコを食べるとなんだか落ち着く。

薬とは違った精神安定剤になっています。

 

某チョコ『GA◯A』も、

ストレス社会で闘うあなたに

というキャッチフレーズですよね。

 

じつは甘さではなく苦味が、リラックスに大きな影響を与えているとかなんとか。

デオプロミンという物質だそうですね。

なんとなくでしか勉強していませんが。

 

今回は、バレンタインの時に、チョコを自分で作った(笑)記録を載せておきます。

 

それは、「焼かなくてもいい生チョコタルト」。

某サイトにもよく載っているものですね(笑)

 

材料はこちら。

◯生チョコ

・アルファベットチョコレート 1袋

・生クリーム200ml

◯タルト生地

・クッキー 1箱(約200g)

・バター 約60g

 

某サイトに載っているものですが。笑

元々は友人に教わったものなんですよね。

あまりに簡単で、男子でも作れる!となった瞬間、ヘビロテ。

 

まず、クッキーを砂のように潰して、あっためたバターとまぜまぜ。

その後、タルト型に固めて、生地は完成。

続いて、鍋に生クリームを入れて火をかける。

沸騰しそうになったら火を止めて、

あらかじめ袋から開けておいたアルファベットチョコを投入!

ヘラで混ぜて、ツヤがでた茶色になったらタルト生地に流し込み、冷蔵庫で5時間ほど。

 

完成品はこちら。

f:id:noblog0312:20170224225306j:image

 

男子が作ったとは思えないクオリティ。

自分でいうのもなんですがね。笑

 

材料さえ揃えばカンタン!だれでもできると思います。

タルト型もヘラも100均で売ってますし、本当に何度も作りたくなる味!

ちなみに某サイトで

生クリームは植物性・低脂肪NG

とありましたが、どれでも作れました。

ただ、固まりが早いのは動物性のものなので、そこは注意どころですね。

 

はあ、食レポとなってしまった。笑

前回も書いたんですが、本当にネタが溜まりすぎているのです。

 

1つずつ、消化していきますね。

 

それでは、ここら辺で〜!

 

最後に、このブログに立ち寄ってくださった皆さんに感謝。

終わり。