ノブログ 〜とある大学院生のストレスモラトリアムな日々〜

作家志望な大学院生が、日々のあらゆることを書き残していくスタイルでお送りします。

徒然なるままモラトリアム。

こんにちは。

 

昨日は接待の飲み会のため、体力もなくバタンキューでした〜

環境が整ってからというものの、

色々と書きたいことがありすぎて困るくらいなのですが、

 

いかんせん自分で時間を作るのがニガテでして。。

 

タイトルにもあるのですが、

ぼーっと、徒然なる時間を過ごすことが日常となってしまっています。

いや、多分自分の体が本能で求めているのかもしれないですね。

徒然な時間を過ごすこと自体はすきなのですが、

こんなにも時間を持て余してしまうのかというくらいには費やしていますね。

 

脳内物質の変化などの原因があるんですかね。

確かに、精神科の薬を処方してもらっているくらいなので、何かしらの変化はあるのかもしれない。

 

自分の体のことなのに、自分が分かっていない部分が多いんですよね(笑)

灯台下暗しと言うけれど、自分の場合は「灯台全て暗し」な気がします。

 

このブログでは、こんな徒然な日に考えたこと、悩んだことを「モラトリアム記」としてカテゴリー付けして、書きなぐっていこうかなと思います。

 

そういえば、ブログのサブタイトルにしておきながら、

「全然病んでないやんけ!なんやねん!」

と思った人もいるでしょう(主に自分)。

 

モラトリアムは、病んだことというよりも、

自分の価値観やその他の考えが動いた時、表出した時にでてくる悩みのことを指します。

特に、自分の将来の展望や生き方に関わってくるところですね。

 

モラトリアムの別の意味として、

「将来の生き方を自己で確立できておらず、ふらふらした状態」

とする場合もあります。

今の自分なんかまさにそうです。

 

でも、自分で決めることに悩みは付き物だし、

それが自分の将来の人生を左右するものだと分かったら、ますます焦って不安になりますよね。

 

「自分で決めた道を突き進んでこそ価値がある、責任を持ってやり遂げろ」

自分が父から言われていた言葉の1つです。

確かに、その方がうまくいくし、それが自分で成功だと思えたとき、人生はより華やかなものになると思います。

受験とかで「初志貫徹」とよくいいますよね。あれで志望校に合格できたら本当に幸せですもん。

 

でも、そうなる確率は決して高くないと思います。

むしろ、失敗の方が多い気がする。

初志だけを持ち続けていたら、それが自分にとて失敗であるとなった時、

自身には一体なにが残るのでしょうか。

 

不安、焦燥、失敗して傷ついた心、

 

きっと、人生を全うすることを諦めたくなるでしょう。

こうなったらいよいよ精神科の出番ですよね(笑)

 

なのっで、自分がモラトリアムだと思って、かつそのことに悩む人がいれば、

僕はその人に「大丈夫だよ、きっとうまくいくから」

と言ってあげたいです。

 

根拠はないけれど、それで良いんだと思います。

悩むくらい道を自分で選べるって素敵なことじゃないですか。

 

しかも、それで選んだ道以外を諦めたわけではないんです。

一回悩んだからこそ、もう一度考え直すこともできます。

 

なので、モラトリアムの皆様。

勇気を持って、悩みに悩みましょう!(笑)

苦しい時は、ことばにしてみると、

きっと整理されて、少しはすっきりするかもしれません。

 

 

とかいう偉そうなことを言って、今回は終わりにしたいと思います。

モラトリアム記、読んでいただいてわかると思いますが、

これは僕自身のモラトリアムの整理にも使っています(笑)

もしかすると、不快な部分もあったかと思います。

 

でも、書かせてください。書きたいんです。

共感したり、思うことがある人、モラトリアム真っ最中の人に、

自分独りだけじゃない、悩んでいる独りはたくさんいると思ってもらいたいんです。

 

もし読みたくなければ、スルーして他のカテゴリーの記事を読んでくださいね(笑)

もちろん、雑記なのでいろんなことを書いていきたいです。

 

 

では、いつもより少し長くなりましたが。。

最後にに、このブログに立ち寄ってくださった皆さんに感謝。

おわり。

 

布団中毒のインドア〜な1日。

こんばんは。

 

今日の世間は火曜日にもかかわらず、自分は1日OFFだったため、

家の布団にてひたすらごろごろ。

 

布団がすきすぎてつらい。笑

 

布団は、なぜこんなにも中毒性があるのでしょうか。

 

布団があればなんでもできる!

布団はまるでスーパーマンのコスチュームのよう。

 

しかも、自分は年がら年中羽毛布団派。

「夏は暑いから毛布1枚だけ」

「なにも被せずに寝る」

 

 

ありえません。笑

 

元々、寝相が悪かった方だったのですが、ある日布団にくるまることで

 

布団のカバーから四肢に伝わるヒンヤリ感

腹部に感じるふんわり感

そして、抱きつくことで孤独感を消すことができるなんともいえない感←

 

この3つが原因で見事にハマってしまい、いまでは羽毛布団なしでは生きられない体に。

 

 

巷では、布団の上でご飯まで済ませてしまうほどの中毒者も耳にしますが、

布団は寝る場所だ、食べるなよ、食べるなよ、

と自分に言い聞かせ、まだその境地には達しておらず。

 

布団中毒被害者の会

というものまで作ってしまうと大変な数の応募が集まりそうですね。

 

やってみたい気もする。笑

 

大学生活の間、友人の家で遊んで呑んで、

「今日泊まっていい?床で寝るからさ〜」

となることもしばしばあったんですが、

 

その日は結局一睡もできず。

体イタイ

頭イタイ

酒灼けで喉イタイ

 

のイタイ3連発。

 

布団がないといいことありません。

 

 

ただ、体を寝ているあいだ 暖めてくれるだけではなく、

存在自体がぬくもりの集合体である布団。

 

 

あー、

布団に出会えて、良かった!(ブル◯ゾン風)

 

 

というわけで、本当に布団から3歩ほどしかでない1日と、布団への愛を語る投稿でした。

 

最近執筆環境が整いつつあり、1日1投稿の良いペース。

あとは見てくださる方の需要に沿うよう、日々研究あるのみ。。

 

 

最後に、このブログに立ち寄ってくださった皆さんに感謝。

おわり。

 

 

 

 

 

【お題記事】黒歴史だらけの人生

お題「わたしの黒歴史」

 

私の黒歴史

 

正直、ありすぎて書きこなす余裕がありません。笑

 

以前のお題記事にて、このブログを始めようと思ったきっかけを含め、「ものかき」という将来の目標があるということをお話ししました。

 

実は、小さい頃から鉛筆で表現をすることがとても好きだったようで、いくつかものかきを実践していました。

 

①漫画作り

 

これは小学校の頃、一瞬流行る趣味ですよね。(趣味と呼んでいいかはさておき)

自分もまんまとその流行りに乗った時期がありました。ええ。

ただ、漫画家にはなりたくなかったんですよね〜。

他の小学生の「漫画家になりたい!」という雰囲気には呑まれず、ただ淡々と好きな絵をストーリーにして描いていくことが好きだったみたいです。

今も実家に保存されています。製本までした力作。

二度と公開されることはないでしょう。笑

 

 

②アニメーション作成

 

漫画にとどまらず、ストーリーをもっと描きやすくしたい!と偉そうに思い立った小学生は、なんとアニメーションにも手を出そうとします。当時の行動力には感動します。

ただ、アニメーション用のPCソフトはかなり高額で、しかもプロ用しか売っておらず(当然といえば当然)、ファザーストップがかかり断念。

しかし、パラパラ漫画が何千枚も積み重なってもアニメーションができることを知り、白画用紙を大量に購入。

なんと1枚ずつ描いていく作業に乗り出したのでした。

休日はずっと絵を描く作業日。今思えばとんだブラック企業よりも働いてました。

 

ただ、それが長く続くはずもなく、断念。

そして気になるその内容ですが、なんと変身もののヒーローの変身シーン。

ひたすら主人公の服が脱げ、ヒーローコスチュームに変わる瞬間を粛々と描き続けていました。

当時の自分を思うと泣けますね。

 

 

③作曲(作詞)

 

これは中学生の頃の趣味です。

今でもなんとなくやれたらいいなと幻想を抱いている、イタイ状態ですが。

当時は、音楽を職業にすることを目標にしていたような。

それも、歌手や楽器演奏ではなく、その作曲者や編曲者、作詞者に憧れていました。

音楽をゼロから作り上げることは並大抵のことではなく、友人とひたすら悩みながら描いていた記憶があります。

楽しかった記憶しかないからか、今からでも実践できそうな気がする。

ただ、当時作った歌だけは黒歴史として消し去っておきたいところ。

当時の作詞ノートがあったのですが、曲名からした中二病全開でした。

「あすなろ」「Winter again」「この1年」

あー消したい。といいながら今書いてます。笑

 

 

今回は、私の幻想時代の数ある黒歴史の中から代表して3つを紹介しました。

他の人もこんな黒歴史、あるのかな。気になってきました。

もし、これらの黒歴史、機会があればより詳しくお話ししますね。需要があるのかはわかりませんが。

 

 

最後に、このブログに立ち寄ってくださった皆さんに感謝。

おわり。

 

 

【お題記事】フライパンは毎日洗いましょう。

お題「好きな調味料」

 

 

砂糖醤油。

 

 

予告通りスマートフォンからお送りしております。(笑)

前回の投稿で取り上げたマイPC「翁」ですが、「じい」ではなく「おきな」と呼んでください。これからもちょくちょく登場するかも。

 

 

さて、今回のお題記事は好きな調味料ですが、

とりあえず今日の晩御飯のメニューから話をしてもいいですか。笑

 

今日のノブ飯

○かぼちゃの煮付け(※鮭風味)

○味噌とんこつ鍋

○サラダ(ポン酢かけ)

○ご飯

○生チョコタルト

 

以上の4品です。

実は、基本毎日自炊をする料理したい系男子なのですが、腕はまずまず(自分で言うな)。

 

店やアルバイト先などで「おいしい!」と思った料理を基本的に作って自己満足に浸っています。

 

今回、初挑戦した料理があります。

 

○かぼちゃの煮付け

 

f:id:noblog0312:20170219001700j:image

 

なかなかおいしそうでしょ?(アップにしてごまかしてますが)

 

かぼちゃの煮付け、砂糖醤油が効いてて大好きなんですよね。

最近は鍋だけではなく、フライパンでもできるという耳寄りな情報を知って、テンションあげ。

さらに、高騰中だったかぼちゃが大特価(メキシコ産、3分の1で100円くらい)で某スーパーマーケットに並んでいるのを目の前にしてテンションあげ。

 

 

ここで心の中で天使と悪魔が登場。

天使「時間あるし、一回挑戦してみなよ!自分で作るとまた達成感が違うよ!」

悪魔「失敗しても捨てればいいんじゃね?」

 

まさかの意見一致。テンションあげ。

 

 

ということで、即決で購入しました。

 

きょうの料理様のHPより、簡単な味付け、そして砂糖醤油酒のコラボレーション、そしてかぼちゃの圧倒的な食べ応えの良さに圧倒されてきた例の「かぼちゃの煮付け」を作ることに。

 

 

 かぼちゃの種とわたをとり、くし形に切った後、さらに一口大のサイズに。

それをそそくさとフライパンに入れ、出汁と砂糖醤油酒を放り込んで落としぶた(落としぶたはないのでアルミホイルでした)。

たまに竹串でかぼちゃをチクリと刺して煮込み具合を確認。

 

そうこうしている内に、落としぶたの向こうから幸せな砂糖醤油の香りが。

 

「そうそう、これこれ!」

 

そう思った直後でした。

 

 

 

ん?なんか魚臭い?

 

 

出汁、入れすぎたかな。

 

 

ん?臭い。

 

 

待てよ、このフライパンもしや。

 

 

気づいた時は既に遅し。

昨日、こちらも大特価で衝動買いした塩鮭を焼いた後そのままにしたフライパンだったのです。

 

クックパーの上で焼いていたため、油汚れは皆無なものの、やはり魚独特の青臭さがフライパンを覆っていました。

 

 

これぞおわた。

 

 

さっきの写真、これを知る前に見せてよかった。

今見ると、きっと青臭さが滲み出るでしょう。笑

 

 

ショックでしばらくふて寝する始末でしたが、なんとか食べました(半分だけ)。

 

気になる味はというと、

砂糖醤油の甘さと、まさかの鮭の青臭さの見事なまでのハーモニー。

ホクホクのかぼちゃに全く合わない、魚の塩分と脂のかほり。

 

 

この記事。読んでくださった方は、是非フライパンを毎日洗ってあげてください。

使用後はもちろん、前にも様子を見てあげてください。

 

 

今日は好きな調味料ではなく、不思議な調味料(笑)についてお話ししました。

 

ちなみに、砂糖醤油は本当に大好きです。

 

かぼちゃの煮付け、またリベンジします。

料理ビギナーな大学院生は誓うのでした。

 

 

 

今日も最後に、このブログに立ち寄ってくださった皆さんに感謝。

おわり。

 

 

 

Windows7「翁」の限界とラーメンな1日

こんばんは。

 

今日は初めてパソコンで自分のブログを立ち上げてみました。

 

そして、検索エンジン某グーグル様(笑)で初検索!

お見事1ページ目にでてきておりました。恐縮ですね。

 

そういえば、前回のお題記事が意外と書いていて楽しかったので、頻度を高めて投稿しようと思った今日この頃です。

 

今日はタイトル通りのテーマで書き連ねていきますね。

まずはWindows7について。

 

急にこの話をするのも、今日初めてパソコンで記事を投稿してみよう!と思い立った所から始まります。

ちなみに僕が使用しているのは、高校一年の時に購入したWindows7の某メーカーのノートパソコン、通称「翁」です(この時点で色々察して頂ければと思います)。

このWindows7の翁に対するヘイトを、以下に列挙して

すっきり爽快!!したいと思います。

 

①まず、立ち上がりが遅い

これが僕のイライラを募らせます。

スペック上仕方ないというのが理由ですが、それにしてもこのブログを立ち上げるのに5分はさすが年季物としか言いようがありません。

文字を打ち込む際も、書いて数秒後にやっと画面に映し出されます。

 

②謎の「ウィーン」音とフリーズ

今ブログを書いているこの瞬間も

 

「ウィーン」

 

と、けたたましい音をたてて煽ってくる翁。

そしてその音が最高潮に達したとき、フリーズの瞬間はやってくるのです。南無。

 

③超重量級とその存在感

購入当初から日に日に体重が増えているのではないかと疑うレベルには超重量級な翁。

さらに、その大きさはノートパソコンとしては破格。

流石、長老感がでていて素敵ですね。

 

大きく挙げるとこの3点でしょうか。

翁、M2の修士論文まではお世話になる予定でいるので、体調に気をつけて、長生きしてもらいたいものです。

あー、すっきりした。

 

そして、今回の本題となるはずであったラーメン屋でのひとコマも、この翁のおかげで全く何に対してどう思っていたのかが失せてしまいました。

イライラした出来事には間違いないのですが、それを上回る驚愕のイライラを提供してくれた翁、感謝ですね。

 

つけ麺を食べた話をしたかったのですが、翁がおねむのようなので、初めて食べる食感だったとだけ、伝えておきます。

 

さあ、存分に眠るがよい、翁よ。

次回はスマートフォンから投稿しようかと思います(笑)

 

 

最後に、このブログに立ち寄ってくださった皆さんに感謝。

おわり

【お題記事】新しく始めたいこと

今週のお題「新しく始めたいこと」

 

 

新しく始めたいこと。

 

 

いや、まさにこのブログこそ新しく始めたいことなんですけれど。笑

 

 

実は、ずっとモラトリアムを続けていた私、ついに将来なりたいものがはっきりしてきまして。

 

「ものかき」

になりたいんですよね。

 

 

と言っても、

作家?脚本家?放送作家?論文家?
色々ある訳ですが。。

 

自分のモヤモヤしたものを絞り出して絞り出して言葉にしたものを書いて、発信していきたい。

 

なので、きっと作家なんだと思います。笑

 


できたら、自分が関心のある教育の分野、特に心理学から踏まえた分野で、役に立つものを書きたい!

 

なので、研究者としてものも書きたいですね〜

 

 

夢が壮大ですね。笑


でも、それでいいと思うんですよね。
人生1度きりだし、やりたいと思ったことは、実際やってから自分に合っているか合っていないかを確認してもいいと思うんです。

 

 

夢に向かって頑張る中で、変わることもあります。
夢は変わってもいい、決めつけなくていいというスタンスでやっていけたらいいかなと。

 


これこそモラトリアムですね。笑

 

 

ということで、新しく始めたいことは
「ものかき」です!!


このブログ、今は低浮上ですが、来週あたりから少しずつ投稿を増やしていきます!


誰か見てくれることを信じて、、

 

もうすぐあるお買い物もするので、それもレポートします♪

おわり

理由

 

さて、なぜこのブログを始めたか。

 

 

その理由の1つに、自分が精神科にお世話になりだしたのが挙がります。

 

 

突然、なんだ?となると思いますが、
最近、精神科に通い始めました。


その原因として、不安障害になったことからはじまります。


僕の場合、不安障害+ストレス障害の併発のようです。
要するに、情緒が乱れやすくなったのです。(笑)

 

 

そういったときに、書き留めておく
いわゆる

「吐き溜め」
がほしかったんです。

 

 

多くの方に見てもらえるとは思っていないのですが、今の感情をも含めて書いていこうと思います。

 

 

精神科通い初日は本当に色々あったので、別記事で詳細を書きますね。

今回はこの辺で!