読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノブログ 〜とある大学院生のストレスモラトリアムな日々〜

作家志望な大学院生が、日々のあらゆることを書き残していくスタイルでお送りします。

【お題記事】黒歴史だらけの人生

お題「わたしの黒歴史」

 

私の黒歴史

 

正直、ありすぎて書きこなす余裕がありません。笑

 

以前のお題記事にて、このブログを始めようと思ったきっかけを含め、「ものかき」という将来の目標があるということをお話ししました。

 

実は、小さい頃から鉛筆で表現をすることがとても好きだったようで、いくつかものかきを実践していました。

 

①漫画作り

 

これは小学校の頃、一瞬流行る趣味ですよね。(趣味と呼んでいいかはさておき)

自分もまんまとその流行りに乗った時期がありました。ええ。

ただ、漫画家にはなりたくなかったんですよね〜。

他の小学生の「漫画家になりたい!」という雰囲気には呑まれず、ただ淡々と好きな絵をストーリーにして描いていくことが好きだったみたいです。

今も実家に保存されています。製本までした力作。

二度と公開されることはないでしょう。笑

 

 

②アニメーション作成

 

漫画にとどまらず、ストーリーをもっと描きやすくしたい!と偉そうに思い立った小学生は、なんとアニメーションにも手を出そうとします。当時の行動力には感動します。

ただ、アニメーション用のPCソフトはかなり高額で、しかもプロ用しか売っておらず(当然といえば当然)、ファザーストップがかかり断念。

しかし、パラパラ漫画が何千枚も積み重なってもアニメーションができることを知り、白画用紙を大量に購入。

なんと1枚ずつ描いていく作業に乗り出したのでした。

休日はずっと絵を描く作業日。今思えばとんだブラック企業よりも働いてました。

 

ただ、それが長く続くはずもなく、断念。

そして気になるその内容ですが、なんと変身もののヒーローの変身シーン。

ひたすら主人公の服が脱げ、ヒーローコスチュームに変わる瞬間を粛々と描き続けていました。

当時の自分を思うと泣けますね。

 

 

③作曲(作詞)

 

これは中学生の頃の趣味です。

今でもなんとなくやれたらいいなと幻想を抱いている、イタイ状態ですが。

当時は、音楽を職業にすることを目標にしていたような。

それも、歌手や楽器演奏ではなく、その作曲者や編曲者、作詞者に憧れていました。

音楽をゼロから作り上げることは並大抵のことではなく、友人とひたすら悩みながら描いていた記憶があります。

楽しかった記憶しかないからか、今からでも実践できそうな気がする。

ただ、当時作った歌だけは黒歴史として消し去っておきたいところ。

当時の作詞ノートがあったのですが、曲名からした中二病全開でした。

「あすなろ」「Winter again」「この1年」

あー消したい。といいながら今書いてます。笑

 

 

今回は、私の幻想時代の数ある黒歴史の中から代表して3つを紹介しました。

他の人もこんな黒歴史、あるのかな。気になってきました。

もし、これらの黒歴史、機会があればより詳しくお話ししますね。需要があるのかはわかりませんが。

 

 

最後に、このブログに立ち寄ってくださった皆さんに感謝。

おわり。