ノブログ 〜とある大学院生のストレスモラトリアムな日々〜

作家志望な大学院生が、日々のあらゆることを書き残していくスタイルでお送りします。

チョコ好き男子が作る生チョコタルトの話。

こんにちは。

早くも眠気に負けそう。笑

 

昨日の投稿を自分で見直して赤面。

自分、こんなに熱く語ってるやん。変なの。

と、思ったものの、

 

まあ、自分の考えとしては間違ってないし、いっか。

と思い直しました。

 

ここんところストレスコントロールができてきたような気がしてます。

それでも、相手が不快に思ったり、不安に思ったりすると、すぐ共感。

理由はないのに自分が勝手に劣等感を得て、不安が増大。

負のスパイラル。

 

まあ、だいぶ慣れました!

慣れたから、少しコントロールできてきたのかもしれない。

ただ、習慣化すると、歪んだ人格になってしまう。

なんか、こんな調子で社会に出ることができるのだろうか。

 

実際、でて戦っている独りに失礼なので、ここら辺で病み記事はやめておきます。笑

 

 

さて、今回は、そんなストレスを感じた時によく食べる自分の好物について。

「チョコレート」についてです。

 

本当にチョコ好きなんですよね〜。

ストレスが溜まった時、それ以外の時でも、チョコを食べるとなんだか落ち着く。

薬とは違った精神安定剤になっています。

 

某チョコ『GA◯A』も、

ストレス社会で闘うあなたに

というキャッチフレーズですよね。

 

じつは甘さではなく苦味が、リラックスに大きな影響を与えているとかなんとか。

デオプロミンという物質だそうですね。

なんとなくでしか勉強していませんが。

 

今回は、バレンタインの時に、チョコを自分で作った(笑)記録を載せておきます。

 

それは、「焼かなくてもいい生チョコタルト」。

某サイトにもよく載っているものですね(笑)

 

材料はこちら。

◯生チョコ

・アルファベットチョコレート 1袋

・生クリーム200ml

◯タルト生地

・クッキー 1箱(約200g)

・バター 約60g

 

某サイトに載っているものですが。笑

元々は友人に教わったものなんですよね。

あまりに簡単で、男子でも作れる!となった瞬間、ヘビロテ。

 

まず、クッキーを砂のように潰して、あっためたバターとまぜまぜ。

その後、タルト型に固めて、生地は完成。

続いて、鍋に生クリームを入れて火をかける。

沸騰しそうになったら火を止めて、

あらかじめ袋から開けておいたアルファベットチョコを投入!

ヘラで混ぜて、ツヤがでた茶色になったらタルト生地に流し込み、冷蔵庫で5時間ほど。

 

完成品はこちら。

f:id:noblog0312:20170224225306j:image

 

男子が作ったとは思えないクオリティ。

自分でいうのもなんですがね。笑

 

材料さえ揃えばカンタン!だれでもできると思います。

タルト型もヘラも100均で売ってますし、本当に何度も作りたくなる味!

ちなみに某サイトで

生クリームは植物性・低脂肪NG

とありましたが、どれでも作れました。

ただ、固まりが早いのは動物性のものなので、そこは注意どころですね。

 

はあ、食レポとなってしまった。笑

前回も書いたんですが、本当にネタが溜まりすぎているのです。

 

1つずつ、消化していきますね。

 

それでは、ここら辺で〜!

 

最後に、このブログに立ち寄ってくださった皆さんに感謝。

終わり。