読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノブログ 〜とある大学院生のストレスモラトリアムな日々〜

作家志望な大学院生が、日々のあらゆることを書き残していくスタイルでお送りします。

【お題記事】フライパンは毎日洗いましょう。

お題記事

お題「好きな調味料」

 

 

砂糖醤油。

 

 

予告通りスマートフォンからお送りしております。(笑)

前回の投稿で取り上げたマイPC「翁」ですが、「じい」ではなく「おきな」と呼んでください。これからもちょくちょく登場するかも。

 

 

さて、今回のお題記事は好きな調味料ですが、

とりあえず今日の晩御飯のメニューから話をしてもいいですか。笑

 

今日のノブ飯

○かぼちゃの煮付け(※鮭風味)

○味噌とんこつ鍋

○サラダ(ポン酢かけ)

○ご飯

○生チョコタルト

 

以上の4品です。

実は、基本毎日自炊をする料理したい系男子なのですが、腕はまずまず(自分で言うな)。

 

店やアルバイト先などで「おいしい!」と思った料理を基本的に作って自己満足に浸っています。

 

今回、初挑戦した料理があります。

 

○かぼちゃの煮付け

 

f:id:noblog0312:20170219001700j:image

 

なかなかおいしそうでしょ?(アップにしてごまかしてますが)

 

かぼちゃの煮付け、砂糖醤油が効いてて大好きなんですよね。

最近は鍋だけではなく、フライパンでもできるという耳寄りな情報を知って、テンションあげ。

さらに、高騰中だったかぼちゃが大特価(メキシコ産、3分の1で100円くらい)で某スーパーマーケットに並んでいるのを目の前にしてテンションあげ。

 

 

ここで心の中で天使と悪魔が登場。

天使「時間あるし、一回挑戦してみなよ!自分で作るとまた達成感が違うよ!」

悪魔「失敗しても捨てればいいんじゃね?」

 

まさかの意見一致。テンションあげ。

 

 

ということで、即決で購入しました。

 

きょうの料理様のHPより、簡単な味付け、そして砂糖醤油酒のコラボレーション、そしてかぼちゃの圧倒的な食べ応えの良さに圧倒されてきた例の「かぼちゃの煮付け」を作ることに。

 

 

 かぼちゃの種とわたをとり、くし形に切った後、さらに一口大のサイズに。

それをそそくさとフライパンに入れ、出汁と砂糖醤油酒を放り込んで落としぶた(落としぶたはないのでアルミホイルでした)。

たまに竹串でかぼちゃをチクリと刺して煮込み具合を確認。

 

そうこうしている内に、落としぶたの向こうから幸せな砂糖醤油の香りが。

 

「そうそう、これこれ!」

 

そう思った直後でした。

 

 

 

ん?なんか魚臭い?

 

 

出汁、入れすぎたかな。

 

 

ん?臭い。

 

 

待てよ、このフライパンもしや。

 

 

気づいた時は既に遅し。

昨日、こちらも大特価で衝動買いした塩鮭を焼いた後そのままにしたフライパンだったのです。

 

クックパーの上で焼いていたため、油汚れは皆無なものの、やはり魚独特の青臭さがフライパンを覆っていました。

 

 

これぞおわた。

 

 

さっきの写真、これを知る前に見せてよかった。

今見ると、きっと青臭さが滲み出るでしょう。笑

 

 

ショックでしばらくふて寝する始末でしたが、なんとか食べました(半分だけ)。

 

気になる味はというと、

砂糖醤油の甘さと、まさかの鮭の青臭さの見事なまでのハーモニー。

ホクホクのかぼちゃに全く合わない、魚の塩分と脂のかほり。

 

 

この記事。読んでくださった方は、是非フライパンを毎日洗ってあげてください。

使用後はもちろん、前にも様子を見てあげてください。

 

 

今日は好きな調味料ではなく、不思議な調味料(笑)についてお話ししました。

 

ちなみに、砂糖醤油は本当に大好きです。

 

かぼちゃの煮付け、またリベンジします。

料理ビギナーな大学院生は誓うのでした。

 

 

 

今日も最後に、このブログに立ち寄ってくださった皆さんに感謝。

おわり。